中学2年生 国語科『クマゼミ増加の原因を探る』 

中学部2年生の国語の授業では、単元ごとの漢字の小テストを行っています。毎回15問程度の書き取りです。しっかりと家庭で学習した成果を発揮することができました。

授業では、沼田英治の「クマゼミ増加の原因を探る」という説明文を学習しています。今日は、文章中に使われているグラフや模式図、写真などがそれぞれ何のために示されているのか、対応する文章を読みながら考えました。例えば、「この写真がなかったら、読む人はこの文章の内容がすぐに理解できるだろうか」「このグラフが色分けされているのはなぜだろうか」という視点をもって、文章と図表がどんな関係で結びついているかを注意して読みました。この単元で学んだことを、ぜひ、夏休みの自由研究にも活かしてほしいと思います。