中学1年生 理科『物質の区別』 

中学校に入って初めての化学実験を行いました。 

事前にルーペ、ガスバーナーや電子天秤などの基本的な実験器具の使い方を学習し、いよいよ実践です。 

普段の生活の中ではなかなか使うことがないマッチにも挑戦しました。はじめは火が付くのが怖くて、なかなか強くこすることができなかった生徒も、最後は自信をもってマッチで火を付けることができていました。ルーペの使い方も随分と様になってきました。 

 実験課題は、先生から与えられた見た目が同じような5種類の正体不明の白い粉末を観察しました。さまざまな器具を使って、実験をしながら、分析をして、区別をしていきます。 

 実験に真剣に取り組む姿からは、中学生として成長した様子がうかがえました。