生徒会主催「新入生歓迎クイズ大会」開催

生徒会役員選挙を控えた北京日本人学校は、現生徒会の任期が終わろうとしています。
後半は、長期の登校停止を受け、思うように活動できませんでしたが、現生徒会役員より
「最後に自分たちで新入生を歓迎する合同の企画をしたい」との希望があがり、新入生歓迎クイズ大会が持たれました。

体育館に集合した、中学部生は密を避けながら、7つのグループに分かれ、スクリーンに映し出されたクイズに取り組みました。
まるでクイズ番組のようです。
各グループの机にはパソコンやタブレットが。そこには、現在日本に一時帰国している生徒や、北京に渡航した後の隔離期間で学校に登校できない生徒の姿がありました。ここ北京日本人学校が会場ではありますが、中国国内・日本国内を繋ぎ、インターナショナルなクイズ大会となりました。同じ北京日本人学校の中学部のみんなが学年と場所を超えて交流できた素敵な会でした。

企画から運営まで、生徒会が中心となり、頑張りました。
生徒会役員のみなさん、1年間の任期、本当にお疲れさまでした。