国際ドッジボール大会

1月17日(金)に,北京日本人学校で国際ドッジボール大会を行いました。フランス人学校,ドイツ人学校,3e国際学校,そして北京日本人学校の1,2年生が参加しました。総勢350人の児童が12チームに分かれ,4校混合チームで戦いました。

大会後,子どもたちからは「勝てた時,一緒に喜ぶことができた。」「身振り手振りで観戦ルールを伝えてあげた。」といった声があり,言葉の壁を越えた国際交流の良さを感じることができたようでした。