小学部4年生 校外学習「ゴミの焼却発電所見学」

社会科の学習のまとめで北京郊外にあるゴミの焼却発電所見学に行ってきました。クレーンでごみを焼却炉に入れる様子や,焼却炉の中がどのようになっているのかを実際に見ました。クレーンの下にはたくさんのごみがあり,子どもたちからは「うわぁ」「すごい」などの声があがっていました。ごみ収集車は地域によって,色分けがされていることや,北京市のゴミの8分の1が集められていることや,ゴミを燃やして電気を作り出していることなど,知らないことをたくさん教えていただきました。子どもたちは,大事なことを忘れないように,一生懸命にメモを取り学習をしていました。教科書で学習した内容を,実際に見られることは子どもたちにとってとても価値のあることだと感じました。