体験入学について [保護者の皆様へ]

はじめに

  本校への編入を検討していただくために体験入学を受け入れています。日本語能力の伸長や日本文化の体験などが目的の場合は、お断りしていますのでご了承ください。

1 体験入学の許可条件

(1)   本校への編入学の条件を満たしていること。(4.傷害保険加入を除く)
※負傷事故等の治療費等は保護者の負担とし、学校は責任を負いません。


(2)   以下の事項を遵守すること。
①学校の生活時程や担任教師等の指導に従う。
②行事への参加は、学校の判断に従う。
※宿泊をともなう行事には、参加できません。
③欠席、遅刻、早退等は、事前に担任へ電話で連絡をする。
④登校時に弁当を持参させる。
(3)   ルール(「通学カードの記入について」参照)に則り、保護者の責任で通学すること。
※面接時に『通学カード』を持参する。
(4)   教科書は、保護者の責任で用意すること。
※教材やドリル等は、在庫がある場合に限りって希望者に販売します。

2 体験入学の手続き

(1)   『体験入学申込書』をFAXまたはメール添付で学校宛に送付する。
※体験入学希望日(初日)の6週間前から4週間前の期間のみ受け付けます。
(2)   教頭からの電話またはメールを受けて、面接日時を決める。
(3)   日本人学校で教頭面接を受ける。(本人と保護者が一緒に来校してください)
①本人と保護者のパスポートを預ける。
※国籍、入国ビザ、居留許可のコピーをとって返却します。
②『通学カード』を提出する。
③本人と保護者の日本語チェックを受ける。
※保護者は、日本語での緊急連絡等を正確に理解できるかを、確認します。
※本人は、学齢相当の日本語理解と日本語表現ができるかを、確認します。
④授業料を納入する。
◎不連続に通学する場合 1日につき 300元
◎連続8日以上 月額 2,400元
【例】 6月27日(月)から7月8日(金)の体験(2016年)

10授業日→月額2,400元
⑤授業料領収書と体験入学承認書を受領する。
(4)   体験入学日が近くなったら、担任からの電話で持ち物等の連絡を受ける。

3 その他

(1)   許可条件が守られない場合は、承認書発行後でも承認を取り消すことがあります。
★申込用の用紙★(下からそのページにジャンプします。印刷してお使いください)

◎体験入学申込書 ワード形式
◎通学カード PDF形式

(2)   在籍とはならないため、編入・転入・転出・退学に関する手続きは行いません。
(3)   評価・評定は行いません。