国際ドッジボール大会

1月19日(金)にフランス人学校でドッジボール大会が行われました。

参加校は、フランス人学校,ドイツ人学校,そして日本人学校です。どの学校も小学部低学年が参加し,3カ国混合の合同チームでのゲームでした。

試合中はどの子も一生懸命,ボールを投げたり逃げ回ったりして楽しんでいました。また,最初は恥ずかしがって話かけるのに勇気がいりましたが,試合を重ねるごとに自然と遊んだり,中国語や英語を使って会話をしている様子がみられました。最後は,みんなで「幸せなら手をたたこう」を英語で歌い,プレゼント交換をしてさよならをしました。子どもたちにとって,今年度の大切な思い出になったと思います。