日中友好 交流弁論大会 ~第30回 記念大会~

11月25日(土)に北京月壇中学との日中友好交流弁論大会が開催されました。今回は第30回の記念大会でした。北京月壇中学は北京市内で唯一カリキュラムに第二外国語として日本語コースを設けている学校で,北京日本人学校はこの弁論交流以外にも中学部生徒の月壇中学運動会への参加,教師間の研究授業参観など,姉妹校として両校の発展と日中友好の架け橋として強い絆で結びついています。

弁論大会では日本人学校の生徒が中国語スピーチに,月壇中学の生徒は日本語スピーチに挑みます。両校6名ずつ,計12名の弁士が日頃の学習の成果を披露しました。弁論大会が終わると続いて交流会です。今年はダンス,合唱,バンド演奏,二胡や中国琴の演奏そして日中発展のための提言に関するプレゼンテーションと、バリエーション豊かなものでした。

北京日本人学校には,中国語のレベルが高い生徒が数多く在籍しています。弁士としてスピーチをする以外にも司会や誘導などを中国語で行い,交流会を成功させるために大活躍でした。

改めまして,この会のためにご協力いただいた中日青年交流中心,北京市人民対外友好協会,西城区政府外事僑務弁公室,在中国日本国大使館、国際交流基金北京日本文化センターそして強い意志と高い理想をもってこの交流を推進してこられた北京月壇中 張校長先生をはじめとする多くの先生方に深く感謝申し上げます。

弁論の発表

日本人学校中1 合唱

日本人学校中3 プレゼンテーション

日本人学校中2 創作ダンス

月壇中 二胡演奏

月壇中 バンド演奏